宇宙となかよし・感謝・愛

宇宙となかよし  amazonより


筆者がこれまでの「旅(インド・スリランカ・ネパールなど)」で得たメッセージを愚直に実践することで、「本当の自分」を見つけ、自分らしい人生を実現することができた、ちょっとスピリチュアルな成功法則(幸せ法則)です。
そのメッセージの確かさを5年かけて証明することができました。
それはまさしく「宇宙の法則」でした。





 <はじめに>
 物語の主人公リエコは、冒頭、忙しい毎日に翻弄され、徐々に自分を見失いつつあるなか、ある日、人生の一大決心をして会社を辞め、インドへと旅立ちました。
 それはまさに筆者である私の、5年前の姿でした。
 「自分探し」という言葉が世に定着して久しいと思います。若い頃には誰もが経験する一種の「はしか」のようなものだと言われることもあります。ある人は旅に出て、ある人はスピリチュアルな世界にはまり込み。主人公リエコや私自身も同じようなものでした。
 しかし、それでもなお言えることは、「本当の自分」を知ることは、人生における最重要テーマであり、それを知らずして、本当の意味での「幸せ」を実感することはないということ。とことんまで「自分」を探すことは、人生のひとコマにおいて不可欠なのです。
 本書には、私の実体験によって悟り得た、「本当の自分」つまり「天命」につながるためのシンプルな法則が語られています。物語自体は読みやすさに配慮しながら再構成した一遍のストーリーではありますが、語られていることはすべて「実話」です。
 思えば、私自身も多くの若者と同様、現実逃避さながらに、必死になって自分探しにもがき苦しんでいました。それが、あるきっかけにより、決定的に私の人生が方向づけられたのです。人は「本当の自分」つまり「天命」に目覚めた瞬間から、劇的に人生が変わって行き、そして思い描いた通りの人生を歩み始めます。
 本書で語られる「天命につながる幸せ法則」は、まさに人生が変わる一つのきっかけとなるものです。そしてそれは、実にシンプルであり、まさに宇宙の法則と呼べるものでした。
 本書を通して、あなたの中の「天命」が呼び覚まされ、「本当の自分」としての新たなスタートのきっかけとなることを心から願っています。(著者より)
                                   


<目次>
第一部 物語編
 第1章◎リエコの葛藤
 第2章◎人生の転機と旅立ち
 第3章◎インド初日の洗礼
 第4章◎亡き祖母との再会
 第5章◎もう帰りたい
 第6章◎宇宙となかよし
 第7章◎お釈迦様








第二部 解説編
 第1章◎物語の種明かし
    1 物語編を振り返る
    2 その後のリエコ






 第2章◎「本当の自分」への目覚め
    1 人には無限の可能性などない
    2 「楽しい」は自分の中にある
    3 人生とは自分を知るための「旅」
4 自分の正体
5 ピンチの連続だから成長する
6 なぜピンチはチャンスなのか
 第3章◎何があっても大丈夫
    1 目覚めの時代
    2 「目覚め」と「宇宙」の都合
    3 私たちに最も身近な宇宙
 第4章◎愛と感謝の宇宙法則
    1 シンクロと宇宙計画
    2 今できること
    3 あばあさんが教えてくれたこと
4 行動の大切さ
5 言葉の力
6 絶対的な愛と感謝


<表紙について>
表表紙:ラダック(インド)の「ラマユルゴンパ」(別名「ムーンランド(月世界)」→ツキ世界)
裏表紙:ブッダガヤ(インド)の「菩提樹」(2500年前にお釈迦様がここで「悟り」を開かれた)
帯:「ツキを呼ぶ魔法の言葉」の五日市剛さんのご推薦文
表紙+帯:「紅白」で縁起がいい

★手に取るだけで「運」が良くなる魔法の表紙となりました★

ツイてる!ツイてる!ツイてる!ツイてる!ツイてる!ツイてる!ツイてる!




「未来を決めれば動き出す〜願望実現の秘伝」

 2005年、私が独立した時、年収一億円の成功者からある話を聞きました。
それは「未来を決めれば動き出す」という話。
つまり「願望実現の秘伝」について。私はそれを1カ月やりました。
その時はなにも起こりませんでしたが、見事にフリーランスを継続しています。
しかし、同じ話を聞いたとある人物は、それを4カ月続けて月収が100万円を超えました。
 2009年7月、私はもう一歩前進したいと思い、再び「願望実現の秘伝」を試してみました。
自己流にアレンジしたものではありますが、それを100日間続けました。
すると9月には月収100万円を突破し、望み通りの出版社から、望み通りの形で本を出すことが実現しました。
「潜在意識」とはかくもシンプル。未来を決めれば、潜在意識は動き出し、自分の望む人生を実現することができます。




<著者プロフィール>
石田久二事務所代表/コミュニケーション・メンタルトレーニングセミナー主催/パーソナルコーチ/講演家
1973年、大阪生まれ、大阪育ち。現在、福岡在住。大学卒業後、世界を放浪。帰国後、夢を追ってさらに進学するが、すぐに挫折して中退。 就職活動も難航し、27歳にしてアルバイトにも雇われない完全なニートを経験する。その後、なんとか月給12万円の契約社員となるが、過酷な労働条件の中、長くワーキングプアを過ごす。32歳の時、本気で自分の人生を変えると決意し、「金なし、コネなし、実力なし」のまま会社を退職し独立。その後は、自己啓発や成功哲学について広く学び、実践する中で、徐々に自分を知るようになる。「目に見えない世界」を大切にしながらも、行動第一のバランスの取れた生き方を信条とし、現在は、セミナー研修講師、講演家、プロコーチとして全国を飛び回る充実した日々を送っている。NLP(神経言語プログラム)や密教行法をベースとしながら、幅広い経験・見識に根差した独自の能力開発手法は、願望実現、コミュニケーション、さらにセールスや恋愛に至るまで卓越した結果を生むものとして評価を受けている。



↑ PAGE TOP